ブックメーカースポーツ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

文字の大きさ ホーム研究所の概要所長挨拶アクセス 戸山庁舎村山庁舎ハンセン病研究センター 関連リンクお問い合わせメンテナンス記事一覧 お知らせ感染症情報研究・検査・病原体管理 サーベイランス刊行・マニュアル・基準 日本語 ENGLISH お知らせ 採用情報調達情報情報公開公開講座・研修その他 感染症情報 疾患名で探す感染源や特徴で探す予防接種情報災害と感染症大規模イベントと感染症 研究・検査・病原体管理 研究情報検定検査情報病原体検査抗生物質標準品の交付感染症検体パネルの交付こちら研究部画像・映像アーカイブ感染研年報国際協力 サーベイランス 感染症発生動向調査週報 (IDWR)病原微生物検出情報 (IASR)感染症流行予測調査 (NESVPD)院内感染 (JANIS)実地疫学専門家養成コース (FETP-J) 刊行・マニュアル・基準 JJID 感染研発行の国際学術雑誌病原体検出マニュアル病原体安全管理規程等生物学的製剤基準感染研・学友会出版書籍   " Onclick="window.open(this.href,'win2','status=no,toolbar=no,scrollbars=yes,titlebar=no,menubar=no,resizable=yes,width=640,height=480,directories=no,location=no'); return false;" rel="nofollow"> 印刷 ラグビーワールドカップ2019日本大会開催中、参加国からの輸入例の可能性がある感染症   2019年10月2日更新国立感染症研究所 感染症疫学センター国立国際医療研究センター 国際感染症センター   2019年9月20日~11月2日の期間においてラグビーワールドカップ2019日本大会が日本各地で開催されます。開催にあたり、参加国を中心とする海外の国や地域から、ラグビー観戦を目的とする訪日客の増加、試合会場やキャンプ地周辺への人の往来の増加が見込まれます。そのため、麻疹・風疹など国内外で流行を認めている感染症の広い地域での流行や、国内ではまれ、または報告されていないために診断が容易でない感染症が発生する可能性があります。本資料は、感染症を疑う患者を診察する際に、診断や対策を考えるうえで参考となるよう、参加国別に、その国で感染する可能性のある疾患リストを作成しました。 疾患は、大会開催中に日本で発症する可能性のある主に急性の経過をたどる感染症を中心にとりあげています。また、国外でも稀な感染症のため、日本では行政検査を含め、一般的に検査方法が確立していない疾患に関しても基本的に除外しましたが、重症となることが稀ではないものについては掲載しました。   続きは以下のPDFファイルを御覧ください。  ラグビーワールドカップ2019日本大会開催中、参加国からの輸入例の可能性がある感染症(2019年10月2日更新) 個人情報保護方針利用規約 Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

ボルチモア・オリオールズ クラロワ2ch 188betglobal ブックメーカーおすすめ比較ランキング【2024年最新】違法 ...
Copyright ©ブックメーカースポーツ The Paper All rights reserved.